example2の日記

【おすすめ】芸人・玉袋筋太郎が選ぶ!『車離れしている人たちへの映画』10作品

芸人・玉袋筋太郎が選んだ『車』10作品
【CINEMAHandbook2013】

芸人・玉袋筋太郎という男

*代表作

①『トラック野郎 御意見無用』(1975/日)

鈴木則文監督のトラック野郎御意見無用という映画

imbdで評価を見る

監督:鈴木則文

満艦飾のトラックが日本全国津々浦々駆け巡り、主人公に菅原文太、相棒に愛川欽也が扮して巻き起こす、喜劇と活劇に哀愁が満載の痛快娯楽映画『トラック野郎』シリーズ第1弾。

②『TAKESHIS'』
“TAKESHIS'”(2005/日)

北野武監督のTAKESHIS'という映画

Rotten Tomatoesで評価を見る

監督:北野武

売れない役者の冴えない中年男の北野と、芸能界で成功を収めたタレントであるビートたけしが出会い、虚構とも現実とも区別がつかないファンタジーの世界が繰り広げられる。

③『キャノンボール』
“The Cannonball Run”(1981/米・香港)

ハル・ニーダム監督のキャノンボールという映画

Rotten Tomatoesで評価を見る【trailer有】

監督:ハル・ニーダム

アメリカ大陸を右から左に、世界の名車や高級車に乗ったスピード狂たちが腕を競う大陸横断5000キロの最大イベントキャノンボールをドラマティックに描くアクション映画。

④『グラン・トリノ』
“Gran Torino”(2008/米)

クリント・イーストウッド監督のグラン・トリノという映画

Rotten Tomatoesで評価を見る【trailer有】

監督:クリント・イーストウッド

急速に様変わりしていく世間を嘆き、誰にも心を開けず、死を待つだけの生活を過ごし孤独に生きる人種差別主義者の偏屈老人が、ひょんなことから隣人のアジア系移民の少年が思いがけず交流を深めていくさまを、哀愁の中にもユーモアを織り交ぜつつ綴ってゆくヒューマン・ストーリー。

⑤『メガフォース』
“Megaforce”(1982/米・香港)

ハル・ニーダム監督メガフォースのという映画

Rotten Tomatoesで評価を見る

監督:ハル・ニーダム

武力には武力を国際紛争を秘密裏に解決する緊急機動軍団『メガフォース』、世界各国から集められた戦士たちの近代兵器を駆使した「正義」を守る戦いを描く。

⑥『アイアンマン2』
“Iron Man 2”(2010/米)

ジョン・ファヴロー監督のアイアンマン2という映画

Rotten Tomatoesで評価を見る【trailer有】

監督:ジョン・ファヴロー

自ら開発した鋼鉄のパワード・スーツを身に纏った男が世の悪と戦うヒーローを描いた「アイアンマン」シリーズ第2弾。

⑦『デス・プルーフ in グラインドハウス』
“Death Proof”(2007/米)

クエンティン・タランティーノ監督のデス・プルーフという映画

Rotten Tomatoesで評価を見る

監督:クエンティン・タランティーノ

1960年代~1970年代に盛栄を誇った、インディーズ系スタジオ製作のポップでキッチュな低予算映画=グラインドハウス映画を現代に甦らせるべく、クエンティン・タランティーノ監督と盟友ロバート・ロドリゲス監督がホラー映画を競作した2本立てムービー「グラインドハウス」のうちのタランティーノ版、カート・ラッセル扮する元スタントマンが、愛車を凶器にセクシー美女たちを次々に血祭りに上げるさまと、そんな恐怖の殺人鬼に敢然と立ち向かうスタントウーマンとの壮絶な死闘をCGに頼らない迫真のカー・アクション満載で描く。

⑧『マッハ'78』(1978/日)

マッハ'78という映画

監督:スタンリー・ウィルソン/三保敬太郎

スーパーカー、オートバイ等のカーアクションを織りまぜながら、勇敢な男たちとマシーンの闘いを描く。

⑨『マッドマックス』
“Mad Max”(1979/米)

ジョージ・ミラー監督のマッドマックスという映画

Rotten Tomatoesで評価を見る【trailer有】

監督:ジョージ・ミラー

暴走族による凶悪事件が多発する社会となった近未来の荒廃したオーストラリアの路上を舞台に、ショットガンとマグナム拳銃で武装し、インターセプターを駆る警察官マックスを中心に暴走族と追跡専門の警察との戦いを描くアクション映画。

⑩『恐怖の報酬』
“The Wages Of Fear”(1953/仏・伊)

恐怖の報酬という映画

Rotten Tomatoesで評価を見る

監督:アンリ=ジョルジュ・クルーゾー

🏆受賞歴

第06回カンヌ国際映画祭:グランプリ/男優賞
第03回ベルリン国際映画祭:金熊賞

中米を舞台に四人の食いつめ者がニトログリセリンを運搬するスリルを描いたもの。中盤からクライマックス、次々と襲いかかるトラブルをサスペンスで描き出し男たちの人物描写にも最大限の効果を発揮し、吹きだまりに生きる男たちが一攫千金を夢見て危険な仕事に挑むサスペンス映画。

広告を非表示にする