example2の日記

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【おすすめ】俳優・ベン・スティラーが選ぶ!『オールタイム・ベスト』3作品

俳優・ベン・スティラーが選んだ3作品
【CREA/2014年2月】

俳優・ベン・スティラーという男

*代表作

①『JAWS/ジョーズ』
“Jaws”(1975/米)

スティーブン・スピルバーグ監督のジョーズという映画

Rotten Tomatoesで評価を見る【trailer有】

監督:スティーブン・スピルバーグ

🏆受賞歴

第48回アカデミー賞:作曲賞/音響賞/編集賞

監督は当時28歳だったスティーブン・スピルバーグが抜擢された。

ジョン・ウィリアムズによるテーマ曲はあまりにも有名で、どのメディアでも鮫の登場場面の他、何かが迫ってくるなど緊迫感が高まる場面に使用されている

②『エクソシスト』
“THE EXORCIST”(1973/米)

ウィリアム・フリードキン監督のエクソシストという映画

Rotten Tomatoesで評価を見る【trailer有】

監督:ウィリアム・フリードキン

🏆受賞歴

第46回アカデミー賞:脚色賞/音響賞
第30回ゴールデングローブ賞:作品賞(ドラマ)/助演女優賞/監督賞/脚本賞

20世紀後半のワシントンで、12歳になる少女に悪魔がとりつき、可憐な少女の肉体から悪魔を追放するために立ち上がった悪魔払い師の恐怖の戦いを描いた、1973年の興業収入1位を記録したオカルト映画の代表作。

題名となっているエクソシストとは、英語で「悪魔払いの祈祷師」という意味。

③『サリヴァンの旅』
“Sullivan's Travels”(1941/米)

プレストン・スタージェス監督のサリヴァンの旅という映画

Rotten Tomatoesで評価を見る【trailer有】

監督:プレストン・スタージェス

社会派映画を撮りたがるコメディ映画監督とルビッチの映画に出ることを夢見る売れない女優がおかしな旅に出発し、様々な人間を目にしていくにつれ『笑い』の重要性に気づいていくスクリューボール・コメディ。

広告を非表示にする